碧えぼPlay日記

碧えぼPlay日記 第10回

プレイ日記始めます!通商会議2日目!


スーパーハッカー、ヨナからの通信。

セキュリティをかいくぐって、ネットワークに、
無断アクセスをしている者の存在を確認しました。

通商会議を前にしたこの時期、
なんだか陰謀の香りがするので、みんなで調べにいきましょう。


たどり着いたのは、ジオフロント。
ヨナくん、すごいところに住んでたね。


公式ツンデレ、ダドリーさんのSクラフト!
ジオフロントの敵は、自爆するやつが厄介ですね。
数も多いし、効率的に狩らないとなー

奥に進むと….。


ヨナの部屋につきました。
でも、これは、もしかして罠…!?

ちょwwwwやばいwwwww


そして助けてくれる、頼りになる支援課メンバー!
わー!ティオだー!


零の軌跡でロイドたちと一緒に戦った、
財団からの出向メンバーだそうですね。

僕も今のところあんまり知識がないのですが、
超ハイスペックで、動物と話せる、
クールかつ優しい少女という印象です。

ティオの声優さんが毎週出演する、
無料の「ファルコムラジオ」もお見逃しなく!


会議前のサブクエストでは、
怪盗Bからの挑戦状を受け取ったり、
姫殿下をエスコートしたりしました。


ところで、姫殿下を案内中のティオ。

なんかヒートアップしてますね。
ちょっと、変わった子なのかな….


通商会議の警備をするため、オルキスタワーに来ました。
大きくて、めっちゃ綺麗です….。


会議開始。


共和国大統領、帝国宰相、偉いおじさん二人に、
気に入られてしまいました。

政治家たちの腹の探り合い、実際その場にいたら胃がキリキリしそうですが、
はたから見てるとめちゃめちゃ面白いですね。がんばれロイドwwww

そして会議が佳境に入ったそのとき….。

 


ガチのテロ来ました。
ふつうにヤバいですね。初めて見ました。


ティオ初戦闘です。
Sクラフトは味方の補助系でした。
打撃よりもアーツが得意みたいですね。


そして相変わらずのハイスペックで、
オルキスタワーのセキュリティを手中に収めます。
ティオさん、かっこいい……///

一課に一人欲しい、ものすごく役に立つ人材だと分かりました。

よっしゃー、テロ潰すぞー!
次回に続きます

碧えぼPlay日記 第9回

通商会議の裏側で、
ひそかに動き始める、様々な黒い影…..。

 

プレイ日記やっていきます!
今日は猫の捜索から!

愛する猫と離れ離れになった幼女を、
支援課メンバーみんなで笑顔にするミッションです。

猫がアルカンシェルに入っていきました。

リーシャさんのたわわなほにゃららが狙われています。
しかし、シャーリィいわく「ゼンゼン隙がない」そうです。
(ちっ)

いろいろありましたが、猫の確保に成功しました。

「にゃ~ん♪」
猫の声までフルボイスです。かわゆい….

帰ったら、支援課にシロハヤブサがやってきました。
この手紙は、もしやリベール王国の…..。

この子も、やたらとボイス付きをアピールしてきました
ジークも声付いてよかったね。嬉しいね。

そして、リベール王国との非公式の会議….!

手紙の待ち合わせ場所に、ユリアさん登場です!女性のファンも多いそう。
しかもこれから王女様に会えるだとぅ!ワクテカ!

ノエルさん… 王女に会えるからって、緊張してる…?
心なしか、いつもより声もちっちゃくありませんか?

そして、エリィも声ちっちゃい….!と思ったら、
「後でサインもらおうね」って…
意外と度胸ありますね、この子。

そして、船内で通商会議に関する秘密の話をしました。
この素敵な声は、碧evoならではですね!
テラコヤスさん…..!

暗殺やら、恨みやら、内戦やら物騒な言葉が飛び交います。
本当なら通商会議で事件が起こってしまう。クロスベルを守らなければ!

でも、こんな話…..実はトップシークレットなんじゃ….?

これが、ちょっとしたお喋り.. ..?
姫様、黒いです…..!

帰ったら、早速上司にホウレンソウです。
社会人のキホンです。

そこに何やら急ぎの通信が…..?
この子は、ヨナという、いわゆるスーパーハカーですね。

次から次へと事件で、怒涛の展開です!

次回に続きます

碧えぼPlay日記 第8回

碧evoプレイ日記!

帰って来て早々、渦中のランディさん。
赤毛一家は、これからどう物語に関わってくるのでしょうか。

ついに第二章「西ゼムリア通商会議」が開幕です。
通商会議1日目….!

政治的にも結構重要なイベントらしくて、
市民もその動向に注目しています。

そんな中、支援課メンバーのお仕事は、
「いつもの通り、要請クリアしながら、情報集めといて」とのこと。

結構重要な会議の直前ですが、支援課はそんな感じでいいのかー。

仕事楽ちんそうなだけでなく、市民の信頼も厚いし、可愛い女子もいるし…..。
超おいしい職場ですよね!うらやましい!

■今日の支援要請ラインナップ
「新教授の依頼」
「塔の古文書調査」
「警備隊演習の参加要請」

相変わらず地理が全く分からないにも関わらず、地図も見ず、
見切り発車で市内をうろうろしていました。
こういう“うろうろ”の時間が楽しいのは、軌跡の素晴らしいところだと思います。

警察所でノエルの妹にご挨拶。
やはり話題は、明日の通商会議についてです。

また受付嬢が、先の事件に関する「フラグメント」の情報解析を行ってくれるとのこと。
これは結果が楽しみですね。

しばらく市内をうろうろしていましたが、
「目的地は町の外にある」と気付いて、フィールドに出て行きます。

ことあるごとに釣りをしたがるロイドを、
支援課メンバーみんなでたしなめながら歩を進めます。

【新教授の依頼】
支援要請に応えるため病院に来ました。

ロイドの義理のお姉さんに会いました。

「可愛い弟のロイド」?
いや…..あなたのほうがかわいいです….(ごにょごにょ)

セイランド教授に、グノーシスの患者の問診表回収を依頼されました。

町のみんなと会話しながら、問診表を回収します。

それぞれ治療は順調のようですが、
例の事件の爪あとは、まだまだ人々の心に残っているようですね。

【塔の古文書調査】

古文書調査のため、星見の塔に来ました。

ダンジョンとは思えない、ものすごい美しさです….。
魔物もいないし、良いデートスポットになりそう。

うっとり、ぽけーっと登っていたら、本棚がある階層に着きました。
しかし、そこには思いもよらぬ光景が….!
(続きは本編で!)

【警備隊演習の参加要請】

タングラム門の支援要請では、ノエルの照れ姿を見ることができます。
(ランディ、グッジョブ!)

そして訓練とは思えない、連戦と熱い展開!
冗談抜きでダグラスさん強い….!

 

夜、家に帰るとランディの従姉妹が迎えてくれました。
その流れで、高級クラブに行きます。わーい!

このクラブの美術がすごく良いです。

美術に起こす前には、やっぱり実際のクラブを取材しているんだろうなぁ。
ファルコムさん! ぼくもその取材にお供したいです!

そして、ランディ兄の普段見せない表情……。
ああ……。
そして2日目に向けて、諸国から要人が集まり…..、

ついに西ゼムリア通商会議の開催!

そして、オルキスタワーの公開です!
これから何が起こるんだろうなぁ。わくわく

次回に続きます。

碧えぼPlay日記 第7回

こんにちは!
碧evoプレイ日記やっていきます!

今日は隻眼赤髪の偉丈夫さんの調査から!

これが、いじょうぶさん。
街道で会った、強そうな人。
手配魔獣の手柄を横取りされました。

情報通の武器商人に聞き込みしたところ、「人食い虎」みたいな男とのこと。
有名人みたいだが、それ以上の収穫はなし。

なんと思わせぶりな。もっと情報欲しいぜ。

そして帰り道、ワジの知り合いに会いました。
「サツの犬になりやがったらしいな?」
なんだか熱い男たちの勝負が始まりそうな予感です……。

しかしワジが強すぎて、一瞬で終わりました。

ここのワジのセリフは、マジでイケメンです。(気になる人は本編プレイ!)
ちゃらんぽらんに見えて、お前、実はええやつやったんやな.…。

そして次の支援要請が入り、鉱山町マインツに行くことに。
マインツ方面は晴れていて、ええ天気。絶好のドライブ日和です。

支援要請は、「鉱山が怪しい雰囲気になっているから調査して欲しい」とのこと。
要領を得ないので、まぁとにかくサクッと行ってみましょう。

この滝きれいだな~。

ちょっと迷子気味で、鉱山につけずうろうろしていたら、
ものすごいキャラの濃い3人組に出会いました。

言い争っています。不穏、こわい。

ところで結社の人たちって、本当に派手な服装していますよね。
めっちゃ目立ちますけど、秘密結社なのにいいのかな。余計なお世話ですか。

このへんなんか重要っぽい会話だったので、写真入れてみましたが、
特に何でもないイベントだったかもしれません。
軌跡シリーズって、伏線が多いから油断できないっす。

そして、旧鉱山に入ります。
いつものごとくワジ嬉しそう。

このステージから、新しく「バースト」って戦闘システムが使えるらしいです。
さっそく試すで!

敵に行動順を回さずに、ずっと味方のターン!

アーツをすぐに発動できる!
CPがどんどん増加!

これ、めっちゃ爽快やん! 積極的に使っていきたいですね。

鉱山の最奥には、ものすごい強そうなボスがいました。
全体攻撃に苦しめられながら、バーストも駆使して、戦っていきます!

アーネストしかり、この敵しかり、ボスのデザインめっちゃ凝っています。
本当に、序盤とは思えない派手さ、迫力です。

そしてランディ合流、初めまして。
このお兄さん、なんてやさしそうな目をしとるんや。

帰り道。

クロスベルから、良くない通信が入りました。
そして、こいつらはさっきの….?

不穏な空気が漂ってまいりました。

現場に急行する、支援課メンバーたち。
あ、こないだの偉丈夫さんやん。あと元気っ娘と、レクターさん。

ランディいわく「――――叔父貴、シャーリィ。」

うそやん。知り合い? ていうか家族的な?
マジか、血がつながってる系のやつ?

ああ、確かに髪の毛の色も似ているし……。

(ダドリーさんの解説!)
クロスベルに拠点を構えた、ランディの家族、ニューフェイス。
組織名は「赤い星座」。
ゼムリア大陸西部において最強と言われる猟兵団の一つ。とのこと。

これは壮大な兄弟ゲンカに巻き込まれる予感やで….。

碧えぼPlay日記 第6回

碧evoプレイ日記、今日はレクター・アランドールの身元調査からやっていきます!

「ていうか、そもそもレクターって誰だっけ?」という方のために、
キャラクター辞典でおさらいします。

【帝国貴族のボンボン息子。捉え所のない言動が多く、どうも人を混乱させるのが趣味らしい】【実は帝国の鉄血宰相ギリアス・オズボーンの腹心】とのこと!

支援課のみんなが注目するのもおかしくない、重要人物みたいです!

警察で支援要請を受けて、クロスベルを探索うろうろします。
しかし歩いてみると、クロスベルってめちゃめちゃきれいな街ですね。
この美しさは、ぜひVitaのHD画面で楽しんでくださいね。

記者っぽい人や、怪しい人に会いました。
グレイスさんは空の軌跡で言うところのナイアル的なポジションなのか。
うん、ナイアルよりは、若い女性のほうがいいな。

聞き込み通り、レクターさんは中華料理屋さんにいました。
「意外とあっさり見つかった…」エリィさんと同意見です。なんか、ものすごい緊張感のなさです。

と、思っていたら、逃げられました。

次は百貨店の屋上!
もう逃げ場はないぞと、追い詰めるも…..

また逃げる。
ワジがめっちゃ楽しそうにしています。(この二人、気が合いそうだな)

やっとのことで、やっと話を聞くことができました。
ん?この赤毛の少女は??

レクターさんとめっちゃ仲が良さそうです。

なかなかはちゃめちゃな女の子みたいで、
いきなり豊満ボディのエリィさんの背後をとり……。

ここで男性ゲーマー垂涎なエリィさんの素晴らしいカットインイラストが入るのですが、広報的な都合上で見せられません。
(無念です…….)


ともかく身元調査も終わり、ほかの支援要請を受けに行きます。

警察学校までの道中に、強そうな人に会いました。この人、敵なのかな…..?

道中、コンビクラフトも試してみる。派手エフェクトにこの息の合いよう。
いつもより5割増しで、二人がかっこよく見えます。

そして碧の軌跡では、なんと導力車を運転できちゃいます!

車は車でかっこいいのですが、もうキーアとノエル嬉しそうな笑顔が見られるだけで、軌跡ファンなら満足ですよね。
ですよね?


一夜明け…..

雨の日です。

スクリーンショットじゃよくわかりませんが、この雨の日のマップ演出がすごいです。
画面上にしとしと雫が垂れているような、涼しげで悲しげな情景をうまいこと表現していただきました。

開発会社の方も自信ありの、追加エフェクトです。このEvolution化は、ぜひ体験してみてください。

雨の日っぽいサブクエストをちょこちょこやります。雨の日は、やっぱりおうちでゲームがいいですね。

次回に続きます。

碧えぼPlay日記 第5回

碧evoプレイ日記やっていきます!

今日はクロスベルの中を探索!
RPGで初めての街探索って、なんかこうワクワクしますよね。

ちなみに支援要請は、
「エニグマⅡの講習」
「帝国書記官の身元確認」
「メゾン・イメルダの手配魔獣」
「西クロスベル街道の手配魔獣」
の4つです。

日々、支援要請は変わっていくみたいですね。
ちょっとしたサブクエストの寄り道に、ストーリーが絡んでいたりするのも、
軌跡シリーズの醍醐味です。

まずは建物の中から探索!

ここは事務所兼、みんなの宿所になっているみたいです。
部屋のデザインにもそれぞれの個性が出ています…!
ワジの部屋、全体的に黒い! ギラギラしておる!

キーアの部屋に来ました。すっきりしているからか、他の部屋より広く見えますね。
部屋には、みっしぃのぬいぐるみも置いてあります。

そして、誰も見てないのにキーア勉強しています。えらい….!
楽しく勉強するキーア、この純粋さに心が浄化されるようだ。
ぼくにもこんな時期があったのだろうか…..。

あとキーアは、わんちゃんと話せるらしいです。
うらやましいですね。

みんなで一緒に出かけることになりました。
彼女には、リュウとアンリというお友だちがいるようです。

そして割と積極的に絡んでいくワジ。性別に関する質問に対して、
「君が女だと思うんだったら、その通りかもしれないよ?」
何やねん、こいつ….!キャラ立ちすぎやろ…..!

そして子どもたちは学校へ。ぼくたちはお仕事です。

オーバルストアで、「エニグマⅡの講習」
警察本部で、「帝国書記官の身元確認」を行います。

市内全貌はこんな感じ
けっこう広くて、文明がかなり発達している印象です。

まずはオーバルストアへ!
「マスタークオーツ」は、碧の軌跡からの新要素!
ものによって、いろんなステータスアップの効果があるみたいです。

平均化して育てるよりも、それぞれのキャラクターの長所を伸ばしていきたいなぁ。
ともかくこういう機械いじりってワクワクしますね!

そして散歩タイムだ! ワクワク!

まずは旧市街。
ガラが悪そう、ちょっと危険な街? ワジにゆかりがあるみたい。

東通り。
オリエンタルな雰囲気です。すごく活気がありますね。

ここは歓楽街?
怪しいけど、不思議な魅力があります。実際に遊びに行ってみたいな~。

イメルダ夫人から、マンションの鍵をもらって、
支援要請「メゾン・イメルダの手配魔獣」に取り組みます。

エニグマⅡの実践です!

しかし、このマンション、虫ばっかだな….。
こういう見た目の敵は、どうしても早く倒したいって気持ちが強くなる…..!

ワジとエリィのSクラフト! カットインイラストは書き下ろしです!
(中身は本編で!)
Sクラフトのワジ…悔しいけど、ちょっとかっこいいです….!

無事、敵を倒して、ウェンディさんに講習終了のお言葉をいただきました!
碧から入ったので、エニグマいじるの初めてです。カスタマイズが楽しみだなー

フランに支援完了の報告をして、今日はおしまいです。

街をまわるだけでも楽しいですね。
支援課の面々が、クロスベルの人気者というのがよくわかりました!

次回は、より本編に近くなる支援要請、
「帝国書記官の身元確認」に取り組みます!

碧えぼPlay日記 第4回

アルタイルロッジの奥で、ついにアーネストと交戦するロイドたち。
そして後輩たちのピンチに、さっそうと現れる二人の先輩。
「ダドリーさん、アリオスさん!」やっぱり来てくれた!

でもコイツ、めっちゃ強そうなんですけど……。
いやいや、そんなこと言っていても始まらない。
こいつを正気に戻してクロスベルに平和を!

巨体を生かしてのなぎ払い、
繰り出される全体攻撃、
くっ、なかなか手ごわい……。

BGMがかっこよくて、戦闘にどっぷり没入できます。

なになに、弱点は地属性……?
今まであんまり使う機会なかったけど、試しにアーツも使ってみるか……。

アーツつえー!!
これは使える!

そしてやっぱり一番ダメージ与えられるのは、アリオスさんみたいですね。
基本、この人を中心に攻撃して、
防御面では、仲間を近づけないようにして、範囲攻撃が当たりにくいようにしよう。

おらおらー!

やったか!

えっ、めっちゃしぶとい、コイツ。

そしてアーネスト暴走。
ロイドの必死の説得に、ちょっと心動かされています。
ロイド良いやつやー。

暴走を食い止めろ! そんなピンチに現れた緑髪の男とは….?
(序章の続きは、本編で!!!)

そして、ちょっと話が飛びますが、一件落着して、
無事クロスベルへと帰ってきたロイドたち。

みんなのいつもの笑顔が見られて、なんだかほっとしますね。

しかしこの新入りは、いけすかねぇイケメンだな。
すげぇ問題児っぽいぞ。

ともかく帰ってきた―!
久しぶりの我が家だ―
まずは支援要請をチェックして、と……。

「エニグマⅡの講習」、「帝国書記官の身元確認」、それに「手配魔獣」……。
一応【緊急】って書いてあるけど、とりあえずはゆったりできる感じかなー

仕事と称して町を回って、まずどんなお店があるかを調べておこー。
いざ、クロスベルマラソンへ!

碧えぼPlay日記 第3回

前回の続きから!

序章
ロイドたちは、逃亡中のアーネストたちを追って、旧アルタイル・ロッジにやってきました。そして洞窟の深部で、ついにアーネストを視界に捉えます。

洞窟内に、ロイドくんのかっこいいセリフが響きます。
あいかわらず、めっちゃイケメン声です。

しかし! ここで、アーネストに操られる魔導人形が召還され、足止めを食らいました。

 

アリオスさんが、「尋常じゃない相手」と言うほど……だと…..!
(ここまでの戦闘で、アリオスさんとダドリーさんへの信頼感が高まっています。)

ビジュアル的にも、序盤のボスとは思えない威圧感です。
火属性が効くようなので、アーツ中心で攻めていきます。

おらおら~!!

なかなか手強い相手でした。

そのあといろいろあって、2手に分かれて行動することになりました。
(わーい!ノエルちゃんと2人きりー!)

コンビクラフトのカットイン。かっこいいですね。

やっと気付きましたが、ノエルの通常攻撃は範囲攻撃なんですね。
敵を集めることができれば、2人パーティでも効率よく敵を倒せそうです。

道中ではアイテムの回収を行いました。

たまにやたら強い魔獣が宝箱に入っていてびっくりしました。
2回もだまされました…。今後は気をつけて開けます。

あと、割ったつぼの中から、イクラを発見しました。
(なぜこんなところにイクラが….)

そしてついに最奥の祭壇に到着。

こっちはこっちでなんだか揉めています。

アーネストさんが相当アレです。もしかして、けっこうヤバイ人なのかな….!

そしてグノーシスの力によって、アーネストが変身しました。
めちゃめちゃ強そう。ひよっこ2人の手に負えるのでしょうか。

けっこうがんばりましたが、全然効いていないみたいです。

しかも変身した!?

そこに、颯爽と現れる先輩たち!
ゲーム序盤とは思えない、超熱い展開です!

グラフィック、BGMも手助けして、ものすごい臨場感を感じました。
次回、こいつは俺たち4人で倒す!

碧えぼPlay日記 第2回

こんにちは!
「碧えぼPlay日記」の第二回です。

前作のストーリーは、目を通してきました!
でもゲームをプレイしたわけじゃないので、微妙に分からない部分もあります。

周囲に支えてもらいながら、徐々に軌跡シリーズを知っていきます。
今後もよろしくお願いします。

物語の開始は「アルタイルロッジ」から。

洞窟から敵が出てきて、早速戦闘です!

「ふふん、チュートリアルでしょー。ザコくらい楽勝だよー」
と思っていましたが、この敵、意外に手ごわい!!

「こんなときは必殺技だ!」というわけで、△ボタンでSクラフト発動!

このお兄さんたち、かっけぇ!!!!

PSP版と比べると、何か格段に演出がかっこよくなっているような……!
爽快感が桁違いっす! 効果範囲も広いし、これは使えるなー。

何とか、2人のおじさんの大活躍で、初戦を突破しました。
そして、序章「Dの幻影」の開始です。

「D」とは、前作で主人公たちが戦った、悪い教団のことみたいです。
子どもを使った人体実験とか、なにやら良くない薬を使って、
エグイことをたくらんでいたとのこと。

今追っている、ハルトマン元議長と、アーネスト元市長秘書は、
その教団の流れを汲む、残党的な立ち位置? これは放っておくとまずそうです。

さぁこれから捜査開始です。

捜査前に、ダドリーさんから、重要アイテムとツンデレな言葉をいただきました。

ロイドくんは、フォースのマスタークォーツで、攻撃力を上げます。
やっぱ主人公は、前線に立つのが一番かっこ良いかなぁと。

逆にノエルは、シールドのマスタークォーツで防御力を上げて、後方支援をさせます。
可愛い子は積極的にひいきして、どんどん甘やかしていきます。

ちなみに、ゲーム内のキャラクター紹介を一通り読んだところ、
やっぱり今のところノエルが一番好きでした。真面目なところが可愛い。

はい、どうでも良い話をしました。本題に戻ります。

その後も、4人はバッタバッタと、襲い掛かる敵をなぎ倒し、
洞窟の深部までたどり着いて、ついに標的をその目に捉えました。

あれ? 意外と好青年っぽくて、良い人そうです。
優しげな顔つきですが、人は見た目によらない感じなんでしょうか。

つづく!!

碧えぼPlay日記 第1回

こんにちは。Nといいます。
「碧の軌跡 Evolution」発売元のキャラアニに入ったばかりの新人です。

K先輩の「零evoプレイ日記」を引き継いで、
これから「碧の軌跡 Evolution」のプレイ日記をつけることになりました。

今年で27になりますが、
会社公認でゲームができると聞いて、かなりテンションが上がっています。笑

ゲームは好きですが、ハードはGBAで時代が止まっておりました!
というわけでOPからして、音と映像の進化に大興奮です。

碧evoの目玉はフルボイス化、ビジュアルリファイン、サブイベントの追加ですが、
フルアレンジの楽曲も物語に深みを与えてくれています。

イベントのお手伝いもしたことのある、jdk bandの皆さんが演奏していると思うと、
より臨場感というか、心に響くものがありますね。
はぁ、美月さんのヴァイオリンソロが素敵です……!

作品の疾走感と、主人公の優しそうな人柄が伝わってくるOPでした。
ちなみに私は零evo未プレイのため、動いたり喋ったりする彼らとは初対面です。
みんな、どんな性格なのかなぁ。

特に気になるのはこの3人です。(可愛い女の子とか大好きです!!)
みっしぃは、この若干憎たらしい顔。相変わらず心を揺さぶってきます。

当面の興味は、この女の子たちや、みっしぃがいつ出てくるかという点ですねー。

それでは、前作のあらすじをさくっと読んで本編いきます!

長年、多くのファンを惹き付けてきた軌跡シリーズ、
このプレイを通して、その魅力の一端でも知ることができれば嬉しいです。

ゆるーく進めるので、良かったらまた読みにきてくださいねー

PAGE TOP