IBC(クロスベル国際銀行)の総裁を務めていたが、教団事件後、市長選に出馬し、見事トップ当選を果たした。新市長となってからは、超高層ビルの建設や大規模な国際会議の開催など精力的に活動しながらも、特務支援課の活動もバックアップしてくれている。

インタビュー

収録の感想をお願いします。

前回は銀行の総裁、今回は市長という新たな責任ある立場が加わったので、世の中を正しい方向に導いていかないといけない責任感に労力を使いまして、大変疲れました(笑)。

キャラクターの見どころは?

市民に語り掛ける正義感溢れる市長の大演説を皆さんに聴いていただき、皆さんもクロスベル市に対する愛を深めていただければ私も長文の演説を読みきったかいがあります。是非ディーターのクロスベルへの愛を感じていただければなと思います。

『零Evo』、『碧Evo』はキャラクター達の成長が感じられる作品ですが、ご自身がここ2、3年で成長したな、と感じた事は?

特にないんですけど、年齢を重ねるにつれて衰えていく部分が顕著に現れておりまして、何とか抗って生きている状態です。とてもじゃないけど何か成長したところはないと断言してよろしいのではないでしょうか!(笑)

今後期待する展開はありますか?

やっぱりディーターは世界に冠たる大金持ちで有能な政治家なので、もう少し大きな世界で政治家として活躍できればいいのかなあ…彼くらいの大物であれば、と思ってます。もし政治の世界じゃないにしても、色々事業を展開していけばどこかしらで出てこれるとは思うので富と権力を手にして様々な方面で活躍してくれることを願います。

最後に楽しみにお待ちいただいている方へのメッセージを。

英雄伝説シリーズを楽しんでいただいている皆さん、帝国編はいかがでしたでしょうか? 楽しんだと思いますが、クロスベルに戻ってくればディーターがまた出てまいります。今回大活躍ですので、クロスベルの世界でディーターを愛してくれることを願っております。ディーター・クロイスを今度共よろしくお願いします!

PAGE TOP